ショパールのブランドについて

ショパールの歴史は古く、1860年にスイスのソンヴィリエ村にて、ルイ‐ユリス・ ショパールによって創設されています。

ショパールは、多くの時計ブランドと同様に、工房から出発をしていますが、当初は、懐中時計とムーブメントを開発するメーカーとして知られていました。

製品は高い信頼性と制度を持っていたことから、東ヨーロッパやロシア、スカンジナビアの愛好家や時計販売業者からの評判を集めることになり、その後、1921年のラ・ショー・ド・フォンでの支店開設を経て、1937年にはジュネーブに活動拠点を移しています。

ジュエリーファンではショパール買取に力を入れているので興味がある方は覗いてみて下さい。

現在のショパールに大きく関係のあるものとして1963年のブランド譲渡があります。

後継者がいなかったことから、当時ドイツのフォルツハイムで時計と宝飾品を製造していたカール・ショイフレにブランドの譲渡を行っており、ここで、初めて新生ショパールが誕生しています。

ショパールは、高級時計とジュエリーのトップブランドとして高い人気を誇っていますが、1997年には自社ムーブメントの開発とともにマニュファクチュールとしての存在感を示しており、特に、L.U.C.ムーブメントは多くのファンを獲得しています。

中でも代表的なモデルの1つなるL.U.C.ピンストライプは、超薄型でシンプルなデザインに約70時間以上のパワーリザーブを備えており、高い人気を集めています。